ストーリー


Home / ストーリー

私たちのハンドメイドドレス工房の物語
イタリア全土に広がるメゾン

ハンドメイドドレス工房LUISA SPOSAは、オーナーのルイーザ・ロッティの強い意志によって1988年10月にバリ県プティニャーノで創業しました。
ルイーザ・スポーザは家族経営の工房として生まれた後、ウエディングドレスや礼装を扱う店としてプーリア州中心にメゾンを構えるまでになりました。ルイーザ・スポーザのドレスは、イタリア各地から貴重な生地を仕入れ、フランス製レースを装飾に用いながら手仕事で仕上げています。

私たちのドレスはミラノ、ローマ、東京、アテネ、ダブリン、ニューヨークなどイタリア国内のみならず世界各国に輸出され、高い評価を得ています。ドレスが生まれた地、プーリアの伝統をドレスに込めて手仕事で丁寧に仕上げています。
Share by: